マンション管理組合の仕事までサポート

マンション経営を投資の種類の一つとして考える場合、同時に知っておかなければならないこととしてマンション自治があります。マンションの自治、マンションに関わる様々なことというのは、基本的に入居者によって構成されるマンション管理組合によって決議が行なわれ、決定されることになっています。このマンション管理組合の設立や運営などについても適切に行うことができるようにサポートを行っているのが、不動産業者の一つであるトーシンパートナーズです。トーシンパートナーズは自社でマンションブランドの展開を行い、オーナー向けの様々なサポートを展開している会社ですが、その中の一つとして管理組合の設立と運営が行われるようになっているのです。

それでは、トーシンパートナーズではどのようにして管理組合の設立や運営のサポートが行われるようになっているのでしょうか。まずトーシンパートナーズが行っている業務の一つとして、管理規約の策定があります。マンションに存在している標準管理規約を元にして、それぞれのマンションによって違っている構造や規模、その地域の地域性などについても考慮した上で、より適切名形での管理規約の作成を行うようになっています。場合によっては規約改定についての提案も行ってくれるようになっているなど、より適切な状態で物件を使うことができるような配慮がトーシンパートナーズ側から行なわれるようになっています。

また、トーシンパートナーズではマンション管理組合による定期総会や臨時総会の開催についても、業務の一部として行うようになっています。マンション自治は基本的に住民によって行なわれるようになっているため、これらの部分についてのノウハウがある人がいない場合、どうしても円滑な管理組合の活動ができなくなってしまう可能性が高いためです。その点を鑑みてトーシンパートナーズでは管理組合にとって必要となる予算案の策定や決算書の作成、さらには収支状況報告書の作成などについても合わせて行うようにしており、オーナーはもちろん住民にとっても手間のかからない、簡単なマンション自治を可能としている点がポイントとなっています。

さらにトーシンパートナーズでは、事務管理の作業についても同様に行っており、管理費や修繕積立金の収納管理などについても行うようにしているため、必要になった時に必要に応じして不動産管理が行えるような体制が取られているのが特徴です。

〔注目サイト〕
セキュリティはもちろんのこと充実した設備や徹底してこだわりを持つデザインなどが自慢のトーシンパートナーズ!こちらのYOMIURI ONLINEのページではトーシンパートナーズの企業情報やサービスが掲載されています◇◇◇トーシンパートナーズについて

Comments are closed.