入居者今後も多いという想定

老後の資金形成というものが、昨今大きな話題になっています。特に老後難民と呼ばれるような人が多くなっているという話題になることも多く、自分自身の老後に向けた資金の形成というのは、昨今大きな課題の一つとなっていることでもあります。そこでここでは、そんな老後資金の形成のための方法として不動産投資、マンション経営を提案している会社である、トーシンパートナーズについて紹介します。トーシンパートナーズでは不動産投資やマンション経営について、よくある質問に対する回答を行っており、不安があるという方に対しても丁寧な答えを提供してくれています。ここでは、トーシンパートナーズの考える、不動産投資に関するポイントに付いて紹介します。

最初に紹介するのは、マンション経営の収支を大きく分けることになる「入居者」の問題についてです。マンション経営で利益が出るかどうか、というのは、言ってしまえばどれだけ多くの人が入居してくれるのか、ということにかかっています。空室率が高い物件になってしまうと、どうしても得られる利益は少なくなってしまうことがあります。トーシンパートナーズではこの問題について、「地域の住人データを元にして、マンション物件に対する需要と供給を読み解くことに寄ってリスクを低減できる」と紹介しています。

トーシンパートナーズがこの需要と供給について紹介しているのは、昨今の都心部については需要が供給を上回っている状態である、ということです。つまりは多くの入居者を期待できる状態になっているということであり、マンション投資における効果が期待しやすいということです。それでは、なぜこのような状態になっているとトーシンパートナーズは考えており、そしてそれが今後も継続していくものと考えているのでしょうか。

トーシンパートナーズが根拠としていることの一つとしてまずは都心回帰の傾向が長く続いているということを挙げています。人口が減少に向かいつつあることが話題になっている日本において、都心部の人口は未だに増加しています。それだけ住宅が必要になっているということです。

さらにトーシンパートナーズは、地価の二極化が鮮明な状態であることも大きな要素の一つであると考えています。マンション用地についての価格は周辺の公示価格と比べても2割3割高い価格で取引をされていることも少なくありません。このような状態を考えると、需要の強さは今後も強いと考えられます。

Comments are closed.