都心部での不動産投資のポイント

トーシンパートナーズは、緻密な計算と統計情報を元にして、効果的な不動産投資を提供するための活動を行っている会社です。オーナーにとって、そして同時に入居者にとっても良い住宅であることを目標として活動をしているトーシンパートナーズは、オーナーが不動産投資に対して感じることが多い様々な不安要素に対してその解答を持っています。ここでは、オーナーによる不動産投資の不安要素の一つである「空室リスク」についての解答を紹介します。

オーナーにとっても、もちろんトーシンパートナーズ自身にとっても、投資用不動産の空室というのは大きな問題です。この空室率が高くなればなるほど、入居者から得られることになる利益が少なくなり、住宅ローンの支払額を差し引いた時の相対的な利益が少なくなってしまうことになります。イールドギャップがメリットの一つである不動産投資において、このような状況になってしまうことは望むべくことではありません。しかしトーシンパートナーズは、こういった問題についてしっかりとマンション経営を行う場所を分析して考えることによって、リスクを回避することができると紹介しています。

トーシンパートナーズがまず重要なポイントであると考えているのが、「需要」が有る場所をマンションの立地として選択するということです。トーシンパートナーズがこれについて研究して出した結論であるのは、都心部に対するマンションの建築でした。都心部は地価が高いということもあり投資対象とする場合のハードルの高さを考えられてしまう場合が多いものの、トーシンパートナーズとしては今後もコンスタントな人口の増加が期待できること、さらには単身者による利用者が多くなっていることを考え、それに合わせたマンションブランドを提供することによって高い入居率を維持することができるとかんがえています。

さらにトーシンパートナーズでは、インターネットの発達による労働形態の変化もこの都心部におけるマンション需要の維持向上に役立つという考えを持っています。SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)に対する需要の増加が見られている状況であり、マンション経営がその受け皿の1つとして効果を発揮するものであるとトーシンパートナーズは考えているためです。

これらの理由から、トーシンパートナーズは都心部であれば今後も供給が少なく、需要が勝っている投資対象として利用できると考えています。

Comments are closed.