カテゴリー: 未分類

マンション経営を投資の種類の一つとして考える場合、同時に知っておかなければならないこととしてマンション自治があります。マンションの自治、マンションに関わる様々なことというのは、基本的に入居者によって構成されるマンション管理組合によって決議が行なわれ、決定されることになっています。このマンション管理組合の設立や運営などについても適切に行うことができるようにサポートを行っているのが、不動産業者の一つであるトーシンパートナーズです。トーシンパートナーズは自社でマンションブランドの展開を行い、オーナー向けの様々なサポートを展開している会社ですが、その中の一つとして管理組合の設立と運営が行われるようになっているのです。

それでは、トーシンパートナーズではどのようにして管理組合の設立や運営のサポートが行われるようになっているのでしょうか。まずトーシンパートナーズが行っている業務の一つとして、管理規約の策定があります。マンションに存在している標準管理規約を元にして、それぞれのマンションによって違っている構造や規模、その地域の地域性などについても考慮した上で、より適切名形での管理規約の作成を行うようになっています。場合によっては規約改定についての提案も行ってくれるようになっているなど、より適切な状態で物件を使うことができるような配慮がトーシンパートナーズ側から行なわれるようになっています。

また、トーシンパートナーズではマンション管理組合による定期総会や臨時総会の開催についても、業務の一部として行うようになっています。マンション自治は基本的に住民によって行なわれるようになっているため、これらの部分についてのノウハウがある人がいない場合、どうしても円滑な管理組合の活動ができなくなってしまう可能性が高いためです。その点を鑑みてトーシンパートナーズでは管理組合にとって必要となる予算案の策定や決算書の作成、さらには収支状況報告書の作成などについても合わせて行うようにしており、オーナーはもちろん住民にとっても手間のかからない、簡単なマンション自治を可能としている点がポイントとなっています。

さらにトーシンパートナーズでは、事務管理の作業についても同様に行っており、管理費や修繕積立金の収納管理などについても行うようにしているため、必要になった時に必要に応じして不動産管理が行えるような体制が取られているのが特徴です。

〔注目サイト〕
セキュリティはもちろんのこと充実した設備や徹底してこだわりを持つデザインなどが自慢のトーシンパートナーズ!こちらのYOMIURI ONLINEのページではトーシンパートナーズの企業情報やサービスが掲載されています◇◇◇トーシンパートナーズについて

共存共栄の明日を作る、ということを企業としての運営テーマとしている会社であるのが、トーシンパートナーズです。このトーシンパートナーズは不動産投資のためのサポートやコンサルティング、管理業務などを中心に行っている会社ですが、それでは具体的に共存共栄の明日を作るためにどのような活動が行われているのでしょうか。まず大前提として、トーシンパートナーズの考える「共存共栄」の範囲内に含まれているのがどこまでなのか、ということについてです。これについてトーシンパートナーズは、不動産オーナーと自社だけではなく、実際に経営が行われることになるマンションに住む住人についても共存共栄の範囲内であるという考えを持っています。そのために細やかな活動を行い、多くのアフターサービスを提供しているのがトーシンパートナーズの大きな特徴です。

まずトーシンパートナーズで利用することができるようになっているアフターサービスとして、カスタマーリレーションズがあります。いつでも簡単に相談をすることができるようになっている窓口であり、特にオーナーを対象にしているサービスとなっています。マンション経営上でわからないことがある場合、要望がある場合などについてこちらのサービスを利用することができるようになっており、所有物件に関する問い合わせだけではなく、それに関係する様々な物件の相談などが行えるようになっているのがトーシンパートナーズのサービスの特徴です。

さらに、トーシンパートナーズではオーナー向けのアフターフォローサービスとして、トーシンオーナーズクラブという活動を行っています。こちらの活動では季刊情報誌であるトーシンシナプスが定期配布されるようになっており、この情報紙を読むことによって昨今の不動産投資事情がどのようになっているのか、ということについて知ることができるようになっています。さらにトーシンパートナーズはこの記事について、マンション経営に役立てるものであるだけでなく、日常生活の様々な場面で活躍することが期待できるものとして紹介しています。

また、トーシンパートナーズでオーナーとして活動している人については、専用のオーナーズクラブウェブサイトが利用できるようになっています。ここで前述のトーシンシナプスのバックナンバー閲覧が行える様になっている他、様々なマンション経営に関係する用語や知識などを学ぶことができるようになっています。

老後の資金形成というものが、昨今大きな話題になっています。特に老後難民と呼ばれるような人が多くなっているという話題になることも多く、自分自身の老後に向けた資金の形成というのは、昨今大きな課題の一つとなっていることでもあります。そこでここでは、そんな老後資金の形成のための方法として不動産投資、マンション経営を提案している会社である、トーシンパートナーズについて紹介します。トーシンパートナーズでは不動産投資やマンション経営について、よくある質問に対する回答を行っており、不安があるという方に対しても丁寧な答えを提供してくれています。ここでは、トーシンパートナーズの考える、不動産投資に関するポイントに付いて紹介します。

最初に紹介するのは、マンション経営の収支を大きく分けることになる「入居者」の問題についてです。マンション経営で利益が出るかどうか、というのは、言ってしまえばどれだけ多くの人が入居してくれるのか、ということにかかっています。空室率が高い物件になってしまうと、どうしても得られる利益は少なくなってしまうことがあります。トーシンパートナーズではこの問題について、「地域の住人データを元にして、マンション物件に対する需要と供給を読み解くことに寄ってリスクを低減できる」と紹介しています。

トーシンパートナーズがこの需要と供給について紹介しているのは、昨今の都心部については需要が供給を上回っている状態である、ということです。つまりは多くの入居者を期待できる状態になっているということであり、マンション投資における効果が期待しやすいということです。それでは、なぜこのような状態になっているとトーシンパートナーズは考えており、そしてそれが今後も継続していくものと考えているのでしょうか。

トーシンパートナーズが根拠としていることの一つとしてまずは都心回帰の傾向が長く続いているということを挙げています。人口が減少に向かいつつあることが話題になっている日本において、都心部の人口は未だに増加しています。それだけ住宅が必要になっているということです。

さらにトーシンパートナーズは、地価の二極化が鮮明な状態であることも大きな要素の一つであると考えています。マンション用地についての価格は周辺の公示価格と比べても2割3割高い価格で取引をされていることも少なくありません。このような状態を考えると、需要の強さは今後も強いと考えられます。

トーシンパートナーズは、緻密な計算と統計情報を元にして、効果的な不動産投資を提供するための活動を行っている会社です。オーナーにとって、そして同時に入居者にとっても良い住宅であることを目標として活動をしているトーシンパートナーズは、オーナーが不動産投資に対して感じることが多い様々な不安要素に対してその解答を持っています。ここでは、オーナーによる不動産投資の不安要素の一つである「空室リスク」についての解答を紹介します。

オーナーにとっても、もちろんトーシンパートナーズ自身にとっても、投資用不動産の空室というのは大きな問題です。この空室率が高くなればなるほど、入居者から得られることになる利益が少なくなり、住宅ローンの支払額を差し引いた時の相対的な利益が少なくなってしまうことになります。イールドギャップがメリットの一つである不動産投資において、このような状況になってしまうことは望むべくことではありません。しかしトーシンパートナーズは、こういった問題についてしっかりとマンション経営を行う場所を分析して考えることによって、リスクを回避することができると紹介しています。

トーシンパートナーズがまず重要なポイントであると考えているのが、「需要」が有る場所をマンションの立地として選択するということです。トーシンパートナーズがこれについて研究して出した結論であるのは、都心部に対するマンションの建築でした。都心部は地価が高いということもあり投資対象とする場合のハードルの高さを考えられてしまう場合が多いものの、トーシンパートナーズとしては今後もコンスタントな人口の増加が期待できること、さらには単身者による利用者が多くなっていることを考え、それに合わせたマンションブランドを提供することによって高い入居率を維持することができるとかんがえています。

さらにトーシンパートナーズでは、インターネットの発達による労働形態の変化もこの都心部におけるマンション需要の維持向上に役立つという考えを持っています。SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)に対する需要の増加が見られている状況であり、マンション経営がその受け皿の1つとして効果を発揮するものであるとトーシンパートナーズは考えているためです。

これらの理由から、トーシンパートナーズは都心部であれば今後も供給が少なく、需要が勝っている投資対象として利用できると考えています。

皆さんはステューディオマンションと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。このステューディオマンションの提供を行っている不動産会社の一つとして、トーシンパートナーズがあります。ここではトーシンパートナーズが紹介するステューディオマンションの意味と、その魅力がどのようなものであるのかについて紹介します。

トーシンパートナーズはこのステューディオマンションについて「住人のライフデザインをすることができるような住宅」であることをポイントとして紹介しています。そして同時にそれは「住む人の目線で作られている」ものであることも重要であるという考えを持っています。トーシンパートナーズは、マンションの建設やその経営を行う上で、それぞれの物件がどのような人をターゲットにしているものなのかについて考えることは重要な要素の1つであるという考えを持っています。ファミリー向けの物件と、シングル向けの物件とでは当然求められる内容に違いがあるためです。トーシンパートナーズはこれを認めることにより、ファミリー向けの物件ブランドとシングル向けの物件ブランドをそれぞれ持っており、地域の需要に合わせて展開できるような体制の構築を行っているのが特徴です。

実際にトーシンパートナーズが展開しているマンションブランドの一つとして、フェニックスがあります。こちらのブランドはトーシンパートナーズが「都心部のシングル層向け」と明確なターゲットを示しているのが特徴的なマンションと言えるでしょう。ここで働き、ここで生活をする人にとってどのようなことが必要になるのか、ということを徹底的にリサーチし、それに合わせた住宅の提供を行うことができるようにしているためです。

トーシンパートナーズはこういった需要の読み解きと、それに合わせた物件の提供を行うことは、単純に入居者を喜ばせることになるだけではなく、引いてはマンション経営の利益を向上させるという意味でも重要な効果を持っているものであると考えています。より多くの入居者にとって魅力的な物件になれば、当然その分だけ多くの人が入居してくれることになり、それがオーナーの利益にとっても効果を発揮することになるためです。

そのためにトーシンパートナーズではマンション設置を行う場合、それぞれの立地についての徹底的なリサーチを欠かしません。立地条件、年齢層、性別分布、様々な要素を加味して、最適と言えるマンションを選択するためです。